CONSULTING SERVICE

CONSULTING SERVICE

実績事例

事例④

マンションディベロッパーのブランドドリブンの事業再構築プロジェクト

ブランド、知的財産、顧客基盤など自社の既存アセットを活用した売上拡大や事業の効率的運営など、自社の強みを生かし事業価値を最大化するための様々なサポート実績。

背景

コミュニケーションや業務プロセスが部分最適となっていたためにブランド資産や顧客基盤を事業全体で十分に 活用できておらず、全体最適の観点から事業およびコミュニケーションのあり方を再構築する必要性が生じていた。

コンサルティング概要

各事業や業務プロセスに対してブランドがどのように貢献しているのかを可視化し、改善すべき領域を明確にした続いて、ブランディングとブランド活用の観点から、事業ならびに業務のあり方を再定義し、さらにコミュニケーション施策の方針策定まで実施した。

成功要因

事業視点でのブランドやコミュニケーションに対する理解。
事業戦略策定に留まらず、ブランドを含むコミュニケーションプランニング、業務設計、データマネジメント体系などの要件定義までトータルで提供。

サービス領域

全社・事業戦略

事業・製品のポートフォリオを将来の市場変化を見据えて再構築する必要性が高まっています。その際、有形・無形資産の評価が重要になりますが、現時点で安定した事業を中心にした戦略を描きがちになります。回避のためには社内以外の視点の確保が肝要になってきます。電通コンサルティングは、消費者の視点から企業や事業、ブランドのあるべき姿の全体像の把握を基に、とるべきアクションの方向性の仮説を導出し、具体的なアクションプランを必要に応じたスパンで策定します。外部環境要因などの変化をも鑑み、自社のユニークなポジション確立を最優先する骨太な戦略策定を行います。

インダストリー領域

  • 公共
  • ファイナンス
  • 小売・流通
  • メディア・エンターテインメント
  • 食品・飲料・嗜好品・日用品
  • 通信・インフラ
  • 製造
  • デジタル・サービス