SERVICE

都市

地域生活者IDを起点とした
地域共創プラットフォーム事業構想策定

グローバルでは個人データ主権が企業から個人へと移るパラダイムシフトが起きており、日本でも2022年4月に改正個人情報保護法が全面施行され、社会や企業経営においても個人データの保護と活用がビジネスの成否を握る時代になってきています。

また、AIやビッグデータを活用して社会の在り方を根本から変えるような都市設計の動きが、グローバルで急速に進展しており、我が国においてもSociety 5.0時代を見据えた「スーパーシティ構想」の具体化が進められています。

こうした国主導で地方自治体や民間企業を巻き込みながら、地域データ流通経済圏を構築していく“トップダウンアプローチ”に対して、電通グループでは地域生活者IDを起点として、地域民間企業同士が連携して「地域版スーパーアプリ構想(地域共創プラットフォーム(PF)構想)」の具体化と持続的な組織・運営体制構築による“ボトムアップアプローチ”の取り組みを進めています。

ターゲット・
クライアント

● 業界:地域B2Cインフラ企業(地銀・電力・メディア等)

● 部署:CxO、企画部長、新規事業部長

地域共創PFが目指すゴールイメージ

  • • 地域生活者に対して、地域版スーパーアプリ(地域独自のハイパーローカル情報を活用した各地域での生活に欠かせないサービス群)を提供することで、地域生活の質(QOL)を向上させ、情報×消費の地産地消化を促進させる
  • • 地域事業者とともに、地域生活者データを起点とした運営組織とCRM基盤を構築することで、地域版スーパーアプリを通した新サービス開発や集客・プロモーションが可能となり、収益拡大に繋がる
 
 
 
 
 

この続きは、資料にてご確認ください。
「サービスメニューの資料請求」にチェックを入れ、ご希望のメニュー名を記載してお問い合わせください。