SERVICE

社会

EBPM手法を用いた
企業・産業の社会的インパクト分析

社会的インパクト分析とは、事業が社会にもたらす変化を推定/評価する手法です。ESG投資やSDGs等のムーブメントからもわかる通り、社会性が企業価値を構成する時代において、社会的インパクトを検討することは企業や産業においても必須事項となっております。
電通コンサルティングは、事業を社会的インパクトに変換するためのロジックモデルの構築から施策効果の分析設計・評価・打ち手まで一貫してご支援いたします。

主なターゲット
クライアント

● 業界:省庁・自治体・第三セクターなど公共事業の主体

● 部署:CSR部門、CSR要素を含む事業の実施部門、社会的企業

成功要件

● 事業実施(インプット)→事業結果(アウトプット)→事業効果(アウトカム)→大きな社会変化のプロセスをEBPMとして計量可能なロジックでつなぎ、定性的にも納得感のあるモデルとして可視化

● モニタリング指標の変化における事業効果部分の抽出

● 目的とする社会変化以外の環境要因や生活者の意識変化などの周辺概念の言語化

弊社の独自提供価値

  • ・EBPMに関連する実績 × デザインイノベーティブなワークショップ設計 × 戦略コンサルティングの経営分析ロジックとアブダクション
  • ・納得感と論理的整合性を両立したインパクト評価と効果拡大のための施策提案が可能
  • ・企業活動が産業に与える変化の構造化、効果の抽出と定式化に強み
  • ・ブランド、意識、社会変化のような無形概念を事業活動の具体として実現することに長けた電通グループによるリレー支援
 
 
 
 
 

この続きは、資料にてご確認ください。
「サービスメニューの資料請求」にチェックを入れ、ご希望のメニュー名を記載してお問い合わせください。